2011年2月27日日曜日

Keep you burning

春風に騙されて、上がってみればそこはシベリア。

ツングースカじゃあるまいし・・・。

しかし、その程度で我が行動を阻めると思うなよ。
こんな時の為にMultistradaで上がってきたのだ。

Grip heater Active!! Level MAX!!

・・・あっちぃ!!

寒い!熱い!寒い!熱い!寒い!熱い!

はおっ!
フロント逃げる!リアどっか行く!

残雪が~、残雪が~・・・

ひぃっ!

その黒い染みは何?
凍ってんの?濡れてんの?

キャ~!!

Life is tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot
人生はクローズアップで見れば悲劇、ロングショットで見れば喜劇

~チャールズ・チャップリン~


・・・生きてるって素敵。

Wild diamond

・・・お前、そこまでして咲きたいか?
別に誰かが見ているわけじゃないだろう。

全く、儚さの欠片も無い奴だな。
何とか言えよ・・・なあ?

諦めようとかって思わなかったのか?
楽になりたいとかって思わなかったのか?

なんでそこまでして咲きたいんだよ?なあ?

何か言えよ!


・・・空だけを見上げて自分が花である事を忘れない、か・・・。

ハ!アハハ!
お前、スゲェ!

咲いた場所の、運の良し悪しなんて関係ない。
コンクリート突き破って、それでも前だけ見て笑ってる。

なんて生意気な奴なんだw!!
























人生色々あるけどよ、生きてりゃ色々あるけどよ、下向いてイライラしても何にもイイことありゃしねえ。
前だけ見て笑って生きてやるよ。

また、来るよ。
そん時は”花束”くらい持ってくるわ。

2011年2月24日木曜日

Story of mother's father

最近、高齢者の方と接する機会が多い。
それは、研究テーマに関わるからというのが一番の理由なのだが
話を聞いてみると人それぞれ、人生色々。

実に多様で、単純に面白い。
戦時中の話もあり、笑って聞ける話ばかりではないが、興味深い話ばかりだ。
ウチの近所には”フランスからの日本大使”に嫁いだ方がおり、今は海辺で一人静かに余生を過している。

だが、思い出すのはやはり自分の身内だろう。

私の母方の実家は所謂地主。
庭先に蔵が残ってたりするのはその名残だ。

そこで生まれ育った母方の爺さんは、もう数年前に他界している。
その爺さんとは、数年に一度盆とか正月で会うくらいで思い出らしい思い出は特に無い。
だが葬儀の後、オフクロが懐かしそうに話した思い出は私が抱いていた”爺さんに対するイメージ”
とは全くかけはなれたものだった。

地主の息子として生まれた爺さんは、そりゃもう筋金入りのおぼっちゃん。

Natural born ボンボン

何不自由無く暮らし、嫁さんも貰った上3人の姉妹を授かった爺さん。
順風満帆かと思いきやさにあらず。

この爺さん、とにかく働くのが大嫌い。

どんどん資産を食い潰し、見るミル内に没落。気がつけば近所じゃ有名な”お化け屋敷”に。
オフクロ曰く”とてもイヤだった”そう。

そりゃそうでしょう。私だってイヤです。

そしてイヤだと思っていたのはオフクロだけでは無かったらしく。
終に愛想が尽きたのか、嫁さんが爺さん見限って出て行っちゃった。

これでキレてしまったウチの爺さん。
ちょうど収穫期だった自分ちの田んぼに火を放ち、強制職務放棄。

・・・あははwって笑いながら話す事か?オフクロ。
農家が自分ちの米に放火するって聞いたこと無いんだけど・・・

結局オフクロのオフクロは戻って来ず、爺さんが娘三人を育てる事に。


またある時、この三人娘の内の次女(ウチのオフクロは三女)が20歳前後の時に駆け落ち。
男と共に東京へ。

それを追ったウチの爺さん。
友人と一緒に上野に来たは良いが、初めて見た東京に感激し娘そっちのけで東京見物。
何度か東京と山形を行ったり来たりしたらしいが、その殆どが東京見物。

・・・娘探そうよ、爺さん。

結局、爺さんを見放す事が出来なかったのか、次女はちゃんと戻ってきた。


そんなアンチワーカホリックの爺さんだったが、遊ぶ事に関しては相当積極的だったらしく
当時地元では最高の娯楽だった(そうだ)映画によく娘三人を連れて観に行ってたそう。

”あれは嬉しかった”とオフクロは話してた。


そんな爺さんの葬儀には親族孫一同、友人等々相当数の方に参列して頂いた。

”アンタと一緒で楽しかったよ”

そう言ってくれたのは一番の親友の方だ。
爺さん、本望だったろう。


葬儀も終わり神奈川に戻ってきた後、爺さんの破天荒ストーリーを後輩に話したところ、神妙な顔で一言。

”やっぱ、血なんすね~・・・”


・・・私、そんなに”滅茶苦茶”に見えますかw?

2011年2月20日日曜日

Today floweres


今日はここだけ晴れでした。


























捲土重来















最近定例の”埠頭で刑事に扮する会”は本日開催されず、久方ぶりの伊豆巡り。
今日は稲取の風車を見に馳せ参じた次第。

疾風怒濤出前迅速、いざ鎌倉~!!待ってろ!!東伊豆!!


2hours later.

・・・足場の悪い舗装を直す工事をしております。皆様にはご迷惑をおかけしますが・・・

ハ?
何言ってんの?意味わかんないんだけど。

え?
それってつまり・・・

通行止めってこと?
風車目の前にして帰れとおっしゃっていやがるの?

・・・何このガッカリ感は。てか、がっかり祭りだ。
いやいや待て待て、まだダメと決まったわけじゃない。
”~からの・・・”とかって言われるかもしれないデショ?

冷静になれ、私。Keep coolだ。

ねえ、私がここに至るまでどれほどの渋滞を潜り抜けどれほど迷ってここにたどりついたと思ってんの?
知ってる?私、重度の方向音痴なんだぜ?ここ来るまでどれほどの血の涙を・・・


・・・足場の悪い舗装を直す工事をしております。
皆様にはご迷惑をおかけしますが・・・


いや、知ってるよ。聞いた聞いた。だから私が言いたいのは・・・


・・・全面通行止めになっております・・・


・・・タースーケーテー


怒りに任せ辺りを転げまわる私。
最近”人を助けるとその数倍の規模でヒドイ目に遭わされる”デフレスパイラルに陥っている事も相まって
両腕大回転半べそ発狂状態である。

・・・転げまわる事十数分。
ようやく涙も枯れ果て、地べたに大の字。見上げた空は中途半端に青い空。

そういや、中学生のころ国語の教科書に”あの坂をのぼれば海が見える”ってのがあったっけ。
人生に疲れた主人公が幼い頃言われた”あの坂を上れば海が見える”って言葉を思い出して
海を見に出かけるって話だったなぁ。
結局、いくつ坂を上っても海は見えず次の坂が現れるだけって話だったが、最後の最後で
少しだけ見えた希望によってまた歩き出すってのがラストだっけかな。

よりにもよってなんで今思い出すかなぁ、私w
なんだか報われねぇなあ。
そんなんばっかやんかぁ、最近・・・

はふぅ・・・

あ、やっべぇ。ダーク入って来たw。あ~・・・。


・・・ええぃ!!弱者強制切捨てニャ!!

さ!ザクザク帰るぞ相棒!
ぜってぇリベンジしてやっかんな!

今に見てろ!東伊豆!!

どんなクソ野郎にもチャンスはくるもんさ。
だから・・・I shall return!!覚えてろ~!!

2011年2月17日木曜日

Broken allow

出張から帰ってきてみれば、ガレージきくち氏墜落の一報。
二日連続で刺さったとか4輪全てダメにしたとか、私聞いた事ないんですが・・・。

彼の愛車:インプレッサは高度に補強が入った病的な車。
かつての我が愛車:シビックもそうだったが、ロールケージを溶接するなんて
普通はやらないキ〇ガイの証である。

が、効果は絶大。
ただし、足の良し悪しがダイレクトに出るのでごまかしの効かない車になる。

そしてもうひとつ。
クラッシュの影響があらゆるところに及ぶのだ。

クラッシュ後の画像を見ると、オイルクーラーとホイルで大分衝撃を受けたようなので
ボディに対するダメージはそれほど深刻ではないように見える。

でも、本人に怪我が無くてよかったよ。

2011年2月15日火曜日

2011年2月14日月曜日

埠頭にて
































”そこの小僧!何さらしてゴザルっちゅ~んじゃ
コラァ!警察なめてんのか!”

”ッセ~!犬なら犬らしくそこでグルグル回ってな!”

”吼えるなよ、小僧。罪なすりつけんぞ!”

”そんな度胸も無いくせに。吼えてるのはどっちだよ!”

-ダキューン-

”テメェ、撃ちやがったな!こともあろうにニューナンブで!”

”小僧・・・一つ教えておいてやる。こんなものはな、撃ってあたりゃ全て世は事も無し、なんだよ。”

”ハッ!民警にしちゃ言うじゃねえか・・・。さぁ、来い!撃ってみろ!”

”・・・行くぞ、小僧!”


実際はこんなドンパチングな話ではなく・・・

「ここ、車両進入禁止だよ。」
「あ、すいません・・・今すぐ移動しますので」
「あ、いいよ写真撮ってからで・・・にしてもカッコいいバイクだね、これ」
「あ、すいません。なんか気ィ使ってもらっちゃって」
「じゃ、気をつけて帰ってね」

今日はこんな日曜日。


追伸
今日は雪も降ってないのに路面は真っ白でした。

2011年2月10日木曜日

品川の”アロセール”

今日は週に一度の通院の日。
その後の経過確認と治療の為だ。

チョット、アンタ何持ってんの?
ヒィッ!ややや、止めろう!

こっち来ないで!
止めて!よして!!触らないで!!!

う~ん・・・
いくつになっても病院はおっかない。

イヤだ。ヤ。
せめて看護婦さんは指名させてくれ。追加料金払うから。


今日は午前休なので、午後から出社。
研究所近くのコンビニでいくつか買い物をしレジへ。

すると私の前に一人の女性。
ゆるくウェーブのかかった髪が印象的な、スラッとした後姿。

なんか雰囲気あるなぁ。

レジを終え、その女性が振り向いた時、私はあやうくおにぎり(たっぷりしょうゆツナマヨ)
を落とすトコだった。

あまりにも綺麗だったからだ。

大っきな瞳、特徴的なクチ。
タレントさんで言えば”マリエ”に良く似ている。
その女性も恐らくはハーフだ。

たまげましたよ。
先日の”smile大作戦”の中止以来、再び”オラオラ”に戻った私が、不覚にも暫くの間見惚れてしまった。

これが90年代のドラマなら、ここでEnd themeが流れるような第一話に
なるんだろうが生憎私の人生にプラス方向のドラマチックさは存在しない。

彼女は乾いた靴音だけを残して去っていった。


私に矢を射るだけ射って去っていったマリエさん(仮名)。
もしこんな女性と付き合えたら、私はもっとマシな男になるだろう。
だって、つりあう様な男になろうと今よりもっと努力するでしょ?

順序は逆だけどさ。

・・・男って単純だよねw

2011年2月6日日曜日

Looking for ・・・

最近、こういう廃工場みたいなトコ探してます。
でも、検索してみると”何か”が出そうなトコばかり。

私、昔ある有名な占い師の先生に診てもらった事があるのだが、その時言われたのが

”貴方は霊媒体質ですね”。

意味を聞いてみるとどうやら”祓う方”なんだとか。
霊能力なんて一切無いし見たこともないが、一つ後日談がありまして・・・。

内容は本人に直接聞いてみてください。

私、廃墟マニアってわけじゃなくて単純に上のような写真が撮りたいだけなんです。
普通に考えればどこもどこかが管理してるはずだから、基本は無理なんだが・・・。

イイトコ無いかなぁ。

2011年2月5日土曜日

Ring a bell!

2月でこの気温では空はさほど青くない。
どちらにせよ、箱根某所は走れないのだ。

案の定、空はボケた青。

ム~・・・

こんな甘い環境では私の小宇宙(コスモ)
は燃え上がらない。

セブンセンシズに目覚めるなんてのは見果てぬ夢だ。

ム~・・・

兎にも角にもたどり着いた最近のお気に入りの場所。
ベイブリッジを下から眺めながら思いを馳せる。

対キクチ戦。

彼は既に2人も異邦人を囲ってる私に半ば
強制的に車を買えと言う外道だ。

さて、ど~すっかな~・・・





車種の絞込みは既に終えている。それぞれの戦略もある程度は考えてある。

問題は資金繰りである。
一応、ウルトラCのゲイロードもあるにはあるが
その場合、これからのライフプランを詳細に固めねばならん。

身内同士のバトルもある以上、半端な事は出来ないし当然金もかかる。

ム~・・・

まあ、何とかしますかね。





それにしても今日は全く辛くなかったな。
つまらんかった←病気ですw
 

The possibility of building "ZAKU" :ザクの可能性①


所謂”ガンダム世代”と呼ばれる人達は”人型兵器”の可能性を語るのが好きである。
ネットを検索すればいくらでも”議事録”が出てくる。

しかし本当に、例えば”ザク”が建造可能かどうかという議論は殆ど出てこない。

元々想像上の兵器である”ザク”は、より”ぽく”見せるために架空のテクノロジーで理屈付けしてある為、極論すれば同じ物は造れるはずがない。

だが架空のテクノロジーの部分を現実のテクノロジーで補ってやれば非常に良く似た物はできるのではないだろうか。
(逆説的に言えば、”ザク”を造るには何が足りないのか)

結果から言えば、現状では”造っても意味が無い”程度の物しか造れないのである。
理由はいくつかある。順を追って説明しよう。

まず大前提として、”ザク”は核融合炉を搭載しているが、現時点で水爆以外の核融合には成功していない。
ただし、私は核は専門外なので、十分な電力を十分な時間供給できるバッテリーが存在すると仮定する。

もう一つ大前提としていわゆる”ガンダリウム合金”があるが、これはルナチタニウム合金とある。
これも架空のテクノロジーであり、どのような特性を持った材料かは分からないが、これはチタン合金
もしくは他の材料で代替可能だろう。
(ガンダリウム合金と同等の性能を確保できるという意味ではない。因みにザクの装甲材は
超硬スチール合金:高張力鋼の発展型となっている)

これでフレーム、つまり骨格と動力源は確保できる。
(フレーム形式は後述するモノコックフレームタイプになる)

次に必要なのは各関節を駆動する力、つまりアクチュエーターだ。
これが”造っても意味が無い”理由その①になる。

”ザク”の総重量は約6~70t、全行約20m弱。
又、”ザク”は人が出来る動きは全て出来るものと仮定すると、必要な自由度は全身で約40程度になる。
(但し指関節は除く)
ここで言う自由度とは自由に運動できる方向の個数である。

つまり少なくとも”ザク”が人の動きをまねる為には40ヶ以上のアクチュエーターが必要になる。
(アクチュエーター:モーターの自由度は1、回転方向のみ)

ざっと計算しても10t以上はある”ザク”の四肢を時速何百km/hで動かすモーターが、である。
私が知る限り、直径2~3m程度でそのような出力のモーターなど、減速機の存在を加味しても
聞いた事が無い。
※電動油圧(モーターでオイルポンプを回す)は腕や足の曲げ伸ばし、つまり直線運動部にしか
適用できない。

しかもミリ単位での制御が必要になる。イナーシャの影響を考えただけでも恐ろしい。

サイズを限定しなければ実現可能かもしれないが(モーターの出力とサイズは比例する)
その場合は関節が異様に節くれだった歪な、もはや”ザク”とは呼べない代物になってしまうだろう。
恐らく動きも制限され鈍重になる。

では逆にモーターサイズを規定し、重量を軽減すればどうだろうか。
その場合は、フレームは兎も角装甲板に金属は使えなくなる。

戦場において、敵弾回避の方法は二つ。

避けるか耐えるかだ。

装甲が樹脂系材料に限定されるのであれば、”耐える”選択肢は無くなる。
では、時速何百km/hで飛んでくるミサイルや砲弾を避けられるだろうか?

余程遠距離もしくは相対速度が遅ければ可能かもしれないが、基本は無理と考えるべきだろう。
もし出来ても中にいるパイロットが持たないだろう。

そもそも装甲板が樹脂ならばそれはただの外装カバーだ。白兵戦など狂気の沙汰だろう。

つまり現状では”我慢強い立ちんぼ”か”張子の虎”しか造れないのである。
これが理由その①である。
また、もし本気で”ザク”を造るのであれば、まずはモーターイノベーションが必要だと私は考える。

余談になるが、駆動系をアクチュエーターにするのであればフレームは自然とモノコック構造になる。
つまりモーターの筐体もフレームの一部とするのである。これは、恐らくは肥大化するモーター
に対しスペースの確保が有利になるからだ。
この場合、例えば肩、腰、股関節のモーターは同一とする等設計上の工夫も必要になるだろう。

個人的にはボールジョイント+人口筋肉の構造の方が効果的ではないかと考えている。
ボールジョイントで自由度が稼げる上、モーター程スペースを取らないからだ。
(ただし、人口筋肉の種類にも拠る)

ただし、人口筋肉は制御が難しい。モーターのように洗練された技術では無い為、大雑把な制御
しかできないからだ。

これが今後の課題の一つだろう。

個人的な理想を言えば、人間の骨格を模したフレームに小型のモーターを内蔵する事である。
ただし、これには例えば同出力でサイズが1/10になるなどのモーター技術の革新が不可欠になる。

さて、次回は”造っても意味が無い”理由その②:ケーブル編を講釈しよう。

2011年2月4日金曜日

笑えない事実

「ハイ、礼央さん笑って!!」
「ん?どしたの、そのデジカメ。」
「笑ってくださいよ~」
「ど~して?」
「これ、顔認識と笑顔検知機能がついてるんです。ものは試しに、ですよ。」
「・・・じゃ  (*^ー゚)b
「ダメですねぇ」
「・・・じゃ  (๑→‿←๑)
「駄目ですねぇ」
「・・・  ( ゚д゚)
「だめですねぇ、もっと心の底から笑ってくださいよぉ!」

”・・・機械のクセに生意気な。それとも何か?私の心が見えるとでも言うんか。”

「きっと機械に心見透かされてるんですよ!」
「・・・」
「心の中、見破られてるんですよ!」
「・・・ソレ、ほんとに検出するの?ちょっと貸して・・・」
「じゃ、ハイ!いいですよぉ!」

『ピピ』

「あ、検出してる。」
「ほらぁ!礼央さん、笑顔がぎこちないんですよぉ。」

キミ、残酷なこと言うね。


で、会社帰りに電車の中で窓に向かって一人笑顔の練習。

”ん~、口角を上げて、楽しそうに・・・ん?何か視線を感じる・・・”
見ると隣の方が、怪訝そうな顔でこちらを見てる。

”そういや、何かの論文で笑ってる人間は警戒されにくいって書いてあったな・・・”

ニコッ   (^∀・)=☆
ヒッ    Σ(゚д゚lll)

・・・んだよ、めっちゃ警戒されてんじゃん!テキトー抜かしやがって!!
もういい!smile大作戦はヤメだ!!

2011年2月2日水曜日

"冷たい太陽"

戸塚にて
ハッ!雪ぐらいで我が行く手を遮れると思うなよ!

横浜新道にて
フッ・・・私が行きたいのは本牧だ。横須賀じゃない。
八王子方面だろ?分かってるさ。
→結果、保土ヶ谷バイパス下川井でUターン。

湾岸線本牧JCTにて
へッ!大黒方面行ってどうするよ!本牧だぜ?
幸浦方面だろ?知ってんだぜ、私は!
→結果、湾岸線終着地幸浦でUターン。




本牧埠頭にて

「あ~!!ダメダメ!進入禁止だよ、ここは!」
「写真撮りたいだけなんですけど、ダメですか?」
「ダメだよ、国際埠頭なんだから!」
「どうしても?」
「どうしても!」
「・・・じゃ、”レパード”で来れば入れてくれんの?」
「キミ、”あぶない”だけじゃん。」
「・・・」


人生とは常に戦いである。
人生とは報われないものである。

寒さに震える時もあれば道を失い泣きそうになる時もある。
そんな時はこう言えばいい。

”タースーケーテー・・・”

※しかし、思いがけないプレゼントもたまにはある。