2014年2月24日月曜日

偽りなく挑め





我が魂を構成する三つのSの内、3番目のSが帰ってきた。
我が愛しのラブリーエンジェル号、S2000である。

作業自体は主治医のブログで見てた為、内容は分かっていたのだが乗って吃驚。

動き出しが軽い。

まあ、これは自分の感覚でしかないのと、暫く乗ってなかった為単純な比較はできないが
駆動系のしかも最終出力部分に近いトコロを整備してもらったので適正なクリアランスと
与圧で綺麗に動くようになったのは想像に難くない。

そして、ただの交差点でも”ゴッゴッドゴンドゴン”とやる気満々の音を奏でるような
素敵な車になってしまった。

古いふるい車バカである僕はこの音に”ニヤリ”とした。
昔、街中で”それなり”の車が段差を越える時に見せる”足の動き方”や
交差点での”ゴンッゴンッギュッギュー”というデフの効き具合を見て”ニヤリ”としたように。

帰りの高速でもトラクションのかかり方やブレーキのフィーリングに終始目尻が下がる。

ただ、ブレーキは少し初期が強すぎる感じとキクチ君が言うようにデフは初期からかなり効く。
僕は”スイッチング的な踏み方”はしない(だから僕はあまり1wayデフが好きではない)が
こうも初期から効いてくると、少しトラクションの掛け方に気を使うかもしれない。
サーキットは兎も角箱根上空では少し神経質になるかもしれないが、その時は自分を合わせよう。

それでもダメならその時はまた考える。

後は足。
事実、帰りの高速で段差を越えた時の感じは少し”雑”。
バネの力をショックが抑えられていない。
ここさえOHできれば懸念点はほぼ消える。

細かな不満点は走りながら消せば良い。

さて準備は整いつつある。
あとは走るのみ。


追伸
キクチ君ありがとねえ!!

にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

2014年2月16日日曜日

Positive spiral








今日はホント気持ち良かった!!
でも、小田原の漁港で写真撮ってたらちょっとした人集りができちゃった・・・。

『いやあ、昔はオレもバイク乗ってたんだよ』とか
『これ何cc?え?1200?凄いねえ!!』とか
『あ、写真撮ってんの?前、通って良い?』とか
『これ何km出るの?』とか
『あれドカだぜ?マジかよ!!』とか

箱根の麓の土地柄か、小田原の人はバイクに優しい。

ただしそれはライダー側のモラルが前提だ。
眉をひそめるような行為ばかりではバイクに理解など示さないだろう。
先ずはこちらから寄り添わないと。

でも、これって乗ってて良かったと思える瞬間だよね、ライダーにとって。
なんか、すっごい嬉しかった。

電車に5時間以上も閉じ込められて意地悪wされてグサグサにヤサぐれた我が魂が
癒された瞬間だw

距離にして100kmも走ってないけど、十分満足。
カッコ良い写真も撮れたしね!

ホント買って良かったよ、1198。
何しても楽しいわ!


にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

Catch the SUNLIGHT






乱れたバレンタイン


かつてまだ地元でゲヘゲヘやってた時代、関東に雪が振り交通が麻痺する度に繰り返される
”新幹線に5時間閉じ込められた”とかっていう報道を見ては”大変だなあ”と人ごとのように
思っていた。

実際ホント大変だった。

駅に停車する度”車両点検”で都度運行見合わせ。
その度に繰り返される”運転再開のメドは立っておりません”のアナウンス。

しかも吹雪みたいな降雪の中、ドアの開け閉めは車掌に委ねられているので
車内とは言え外気温と然程変わらない車内環境。

忘れた頃に”ドアの開け閉めは自分たちでお願いね♡”と開閉権限を乗客に委ねられる時には
もう吐く息も真っ白のシベリアみたいな車内。

こんな状況でも通常料金なのに”なんでこんな意地悪されるん・・・”と僕は半泣き半笑い。
まるでかつての神田ぼたんを思わせるような環境だが、いくらM属性とは言えこれでは
我が魂がもたない。

事実、平塚を過ぎた辺りから僕は何故か笑いが止まらなくなっていた。

僕は”感情は条件反射”と考えていて、外部環境が全く変化しない”調和”のとれた世界では
人は人で居られなくなると思っているが、まさにそれを疑似体験する事になってしまった。

”在来線で5時間以上缶詰”は流石にクレイジーだ。

この大雪の中でインフラを通常通り運行するのは大変だとは思うが正直な所
”前日には積もるの分かりきってるんだからなんか対応しときなさいよ”
と感じたのは僕だけではあるまい。

実際雪国では”この程度”でここまで状況が悪化する事は無いのだから、決して不可能ではあるまい。
この大雪に因る経済的損失を考えれば、何十億の予算を組んでも決して無駄ではないであろう。


しかしなんだな・・・
昨日はホント色々疲れたわ。

御蔭で今日は何もできず、一日布団の中でゴロゴロ丸くなる有様。
ま、それはそれで気持ち良くウチの畜生共(ニャンコ)の気持ちがちょっと理解できました。

2014年2月11日火曜日

運命を笑え




ああ、なんてダメ人間なんだあ〜♫
っていう体でする二度寝。

パガニーニのバイオリンの如く著しく甘美である。

今朝は普段の激務の腹いせか、溶ける程寝てやろうと上記のような堕ちた行為を画策
していたが、結局溶ける前に頭が痛くなり仕方なく起きる事に。

窓を開けると空気が甘く、まるで数日前の大雪がまるでなかったような空。
刺すような日差しに急かされ、ムルティに飛び乗る。
が、動き出した途端雲行きが怪しくなり数日前に逆戻り。

午前中は春、午後は真冬。
気付いた時にはもう手遅れだなんて、まるで人生の縮図だ。

ならこちらも、GEのジャック・ウェルチに倣い環境変化に対応する事に。
目的としていた三浦半島方面から道を外れ、適度に流せる道を選択し人の気配から
逃れるように走っていると例のごとくGPSキャンセラーが発動しセカンドスキルが発現した。

迷子である。

迷ったら常に”上”を目指す事にしている私は、今回もいつも通りのデフレスパイラルに陥ったが
今回は運良くすぐに知った道に出る事が出来た。

しかもサクラらしきモノが咲いているトコロに出くわした。
まあ、あまり花に詳しくないので、もしかしたら梅かもしれないしラフレシアの亜種かもしれないが
迷った御蔭で出会えたこの景色。

人生捨てたものではないと言う事だ。

その後来た道を朧げな記憶と共に慎重に帰宅。
が、途中ムルティにリコールが出ていた事を思い出し、いつものバイク屋さんへ。

そこでCPUのアップデート(リコール対応)と何度やっても抜けないリアキャリパーの
エア抜き対策を相談。

結局我が相方を置いて歩いて帰る事に。

今朝確かにバイクで出かけた筈だが、帰りは徒歩で帰宅。
つまり、人生は何が起きるか予断を許さないという事だ。

人生は大体”想定外”だ。
結局は”それ”を楽しめるかどうか。

とどのつまり、”こんな寒空の中、何故フル装備(バイク用)で国道一号線を歩いているのか”
などと考えてはイケナイのだ。
楽しまなくてはイケナイ。


え?
楽しんだのかって?

そりゃ、泣きたくなるくらい楽しかったさ、モチロン 
・゜・(PД`q。)・゜・
  にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

2014年2月9日日曜日

RED monochrome +




にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

惨劇の後に


用事があったとは言え、昨日調子に乗ってやった街中雪中行軍の後始末の今朝。

重ね着があまり得意ではない僕が、病的なまでに着込み普段かぶらない帽子まで
着用して結果がこれ。

午前中は雪鳴りするくらいのパウダースノーだったのが、午後にはボタ雪に変わり
記憶がとぶ程の見るも無惨な泥仕合に。

綺麗に洗って干してるけど乾くかな。
今日ぐらいは晴れて欲しいなあ・・・。

2014年2月8日土曜日

雪国視点



雪の日に、傘を差して歩く人を見ると”この素人がっ!”と思わず考えてしまうのは僕だけだろうか?

雪を甘く見てノーマルタイヤで出かけた挙げ句、その辺の道端に車を乗り捨てる人間に
飲酒運転と同じ”悪質さ”を感じるのは僕だけだろうか?

いつも言われるのは”関東は雪に弱い”ということ。
でも本当は、”雪を甘く見てるバカ”が多いだけのように思う。

雪国生まれの人間からすると、この程度は日常茶飯事だ。
でも、だからこそ油断も過信もしない。

関東に降り積もる雪は、見てるだけなら綺麗なのにいつも”何か”を曝け出す。

明日の朝は気をつけてくださいね。

Picturesque




にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ
にほんブログ村

RED monochrome





にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ
にほんブログ村

2014年2月2日日曜日